ムルfeelゼミナール 感じる力を取り戻そう

シマの古い知恵を学び今の暮らしをアプデしよう!との思いから、
ムルフィールゼミナールを開校しています!

お知らせ

授業

2023.06.11 「暮らしの文化 シンポジウム “奄美らしさ”とは 2023年3月21日開催」

講師:サーモン新元

2023年3月21日(火・祝)開催
暮らしの文化シンポジウム“奄美らしさ”とは

①イントロ~オープニング_暮らしの文化シンポジウム

②A-pulse mother nature_暮らしの文化シンポジウム

③海と暮らしの変遷_暮らしの文化シンポジウム

④A-pulse ムルフィール_暮らしの文化シンポジウム

⑤新聞記事に見る奄美_暮らしの文化シンポジウム

⑥パネルディスカッション 前半_暮らしの文化シンポジウム

⑦パネルディスカッション 後半_暮らしの文化シンポジウム

⑧A-pulse yoisura_暮らしの文化シンポジウム

⑨A-pulse 心の色_暮らしの文化シンポジウム

※②④⑧⑨はA-pulse(村松健、新元一文のユニット)の楽曲となっています。

2023.06.2 「「浜下れ(ハマオレ)」」

講師:新元一文

奄美市住用町見里のハマオレ行事に行ってきました。
この集落は、伝統の行事を形だけ繋ぐのではなく、その時代その時代に合わせて少しずつ変化を加えています。(そもそも稲作が無くなった時点で目的も掴みづらいですが…)
すでにハマオレをやらなくなった集落もたくさんある中、楽しく続けています。
見里は、みんなの“楽しい”を集落でつくっている感じがあって、とても素敵です…

2023.03.31 「「送り節」〜出逢いと別れを大切に〜 宇検村田検」

講師:宇検村田検集落

奄美大島では思いを伝える手段として“うた”を歌います。
電話やメールがない時代は、今よりもずーーっと別れを大切にしていたでしょう。
かつてのシマ(集落)では、あった別れの歌も時代と共に歌われなくなりましたが、宇検村田検集落では現在でも3月の別れの時期には集落あげて歌で見送ります。
歌詞は
1番
浜まで来てください。
これからの旅立ちは、色んな風に頼もう
2番
旅立つあなたを止めるわけにはいかない。
帰ってきたらお迎えします
3番
先を見れば新しいシマ
後を見れば色んな風(追い風)
今日のようないい日は稀(特別な良い日)だ

A-pulseのアルバムにも収録されています。
https://murufeel.stores.jp
↑ここから購入できますよ

2023.01.25 「第2回 学生ムルゼミ〜どうなる?八月踊り・シマ唄〜」

講師:久伸博(奄美博物館館長)、村松健(音楽家)

2022夏に続き2回目となる学生ムルゼミは、年始早々の1月3日に奄美市内某所で収録しました。
鹿児島大学一年生の要田ののかさんの質問に答える方式で、大人が真剣に向き合いました。テーマは地域文化の継承です!!